医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

| Oncology Tribune

COVID-19時代における肺がん薬物治療

全領域
イベント・セミナー 独自取材
54Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

COVID-19時代の肺がん外科療法は何を優先すべきか

イベント・セミナー 独自取材
59Views 0Picks
コメントをお寄せください
| JAMA Oncology

胆管がんに対するイピニボ療法が有望な可能性【JAMA Oncol】

胆管がん 免疫療法
論文紹介
46Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

世界の乳がんは増加傾向【Lancet Glob Health】

乳腺
論文紹介 独自取材
42Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

国がんが子宮頸がん検診GLを改訂、HPV検査を推奨

子宮がん
ガイドライン プレスリリース
479Views 4Picks
藤澤知 産科婦人科学会
以上の内容からは、 ・未だに綿棒で採取する施設がある点 ・「古典的ガラス板塗抹法(従来法)」と「Liquid Based cytology(LBC)+単層の細胞診標本(thin-layer cytology slide)法」の精度の違いも全く触れらていない点。 ・HPV High Risk群のジェノタイプを検査したとして、陰性で有った場合や陽性で有った場合にシルガード®9をどのタイミングで接種すべきかが全く示されていない点。 ・男性に対する投与が男性のHPV感染防止に因る自身の咽頭癌防止のみならず、女性に対するHPV伝搬の防止に因り女性の子宮頸癌発症がより低下する事実が全く示されていない点。 ・女子中学生に対する定期接種にはシルガード®9は含まれず相変わらずガーダシル(4)のみとなっている点。 などが明記されておらず、如何考えても日本人女性の子宮頸癌はいつになっても無くなら無い様な気が致しました。
| Oncology Tribune

第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け

全領域
イベント・セミナー 独自取材
68Views 0Picks
コメントをお寄せください
消化器
記事一覧へ
| JAMA Oncology

胆管がんに対するイピニボ療法が有望な可能性【JAMA Oncol】

胆管がん 免疫療法
論文紹介
46Views 0Picks
コメントをお寄せください
| シスメックス

リキッドバイオプシーによる大腸がんRAS遺伝子変異検査が保険適用に

大腸がん
プレスリリース
56Views 0Picks
コメントをお寄せください
| 肺癌勉強会

新型コロナパンデミック状況下によるがん診療や検診の中止で非小細胞肺癌の5年後の死亡は4.8-5.3%増加 - キュート先生の『肺癌勉強会』

乳腺 消化器 その他
論文解説 医師注目
Comment+ | 医師推奨記事
29Views 1Picks
田中希宇人 川崎市立川崎病院
【ブログ『肺癌勉強会』更新】 『The impact of the COVID-19 pandemic on cancer deaths due to delays in diagnosis in England, UK: a national, population-based, modelling study』(Lancet Oncology 2020, published Online Jul. 20)より ▶イギリスのデータから新型コロナパンデミック状況下によるがん診療や検診の中止で非小細胞肺癌の5年後の死亡は4.8-5.3%増加する 〇イギリスでは2020年3月に全国的にロックダウンの措置が導入され、COVID-19パンデミックにより「がん検診」は中止、定期的な診療は延期、緊急性のある症例のみが優先された。 〇本研究では4つの主要ながんの診断の遅れががん生存率に及ぼす影響を推定した。 〇2012年1月から12月までに肺癌と診断され、2015年まで追跡データのあるイギリス国民健康サービスがんレジストリーと病院管理データセットを使用した。 〇2020年3月16日時点で、最善から最悪の3つのシナリオを検討し、診断経路の実際の変化を反映し、診断後1,3,5年での生存への影響を推定した。 -シナリオA:通常診療あるいは救急からの紹介が100%になるシナリオ -シナリオB:3月16日からの3カ月は通常診療が20%、救急からが100%でその後はいずれも100%に戻るシナリオ -シナリオC:3月16日から3か月は通常診療が20%、救急から100%、その後3カ月は通常診療から75%、救急診療が100%、その後がいずれも100%に戻るシナリオ 〇非小細胞肺癌は新型コロナウイルスパンデミック前にイギリス国民健康サービスに登録されたがん罹患数は29305例であり  -救急からの紹介:32.9%  -通常診療からの紹介:22.3%  -通常診療からの緊急紹介:31.1%  -その他:13.7% といった診断状況であった。 〇新型コロナウイルスパンデミック後のシナリオで非小細胞肺癌の死亡は  -シナリオA:1年後 6.0%増加 3年後 5.1%増加 5年後 4.8%増加  -シナリオB:1年後 7.2%増加 3年後 5.6%増加 5年後 5.1%増加  -シナリオC:1年後 7.7%増加 3年後 5.8%増加 5年後 5.3%増加 という推定結果となった。
| Oncology Tribune

世界の乳がんは増加傾向【Lancet Glob Health】

乳腺
論文紹介 独自取材
42Views 0Picks
コメントをお寄せください
| 米・Merck

TNBCに対するペムブロリズマブ適応拡大、米・FDAが2件の承認申請を受理

乳腺 免疫療法
プレスリリース 承認申請 薬剤情報
78Views 0Picks
コメントをお寄せください
| 肺癌勉強会

新型コロナパンデミック状況下によるがん診療や検診の中止で非小細胞肺癌の5年後の死亡は4.8-5.3%増加 - キュート先生の『肺癌勉強会』

乳腺 消化器 その他
論文解説 医師注目
Comment+ | 医師推奨記事
29Views 1Picks
田中希宇人 川崎市立川崎病院
【ブログ『肺癌勉強会』更新】 『The impact of the COVID-19 pandemic on cancer deaths due to delays in diagnosis in England, UK: a national, population-based, modelling study』(Lancet Oncology 2020, published Online Jul. 20)より ▶イギリスのデータから新型コロナパンデミック状況下によるがん診療や検診の中止で非小細胞肺癌の5年後の死亡は4.8-5.3%増加する 〇イギリスでは2020年3月に全国的にロックダウンの措置が導入され、COVID-19パンデミックにより「がん検診」は中止、定期的な診療は延期、緊急性のある症例のみが優先された。 〇本研究では4つの主要ながんの診断の遅れががん生存率に及ぼす影響を推定した。 〇2012年1月から12月までに肺癌と診断され、2015年まで追跡データのあるイギリス国民健康サービスがんレジストリーと病院管理データセットを使用した。 〇2020年3月16日時点で、最善から最悪の3つのシナリオを検討し、診断経路の実際の変化を反映し、診断後1,3,5年での生存への影響を推定した。 -シナリオA:通常診療あるいは救急からの紹介が100%になるシナリオ -シナリオB:3月16日からの3カ月は通常診療が20%、救急からが100%でその後はいずれも100%に戻るシナリオ -シナリオC:3月16日から3か月は通常診療が20%、救急から100%、その後3カ月は通常診療から75%、救急診療が100%、その後がいずれも100%に戻るシナリオ 〇非小細胞肺癌は新型コロナウイルスパンデミック前にイギリス国民健康サービスに登録されたがん罹患数は29305例であり  -救急からの紹介:32.9%  -通常診療からの紹介:22.3%  -通常診療からの緊急紹介:31.1%  -その他:13.7% といった診断状況であった。 〇新型コロナウイルスパンデミック後のシナリオで非小細胞肺癌の死亡は  -シナリオA:1年後 6.0%増加 3年後 5.1%増加 5年後 4.8%増加  -シナリオB:1年後 7.2%増加 3年後 5.6%増加 5年後 5.1%増加  -シナリオC:1年後 7.7%増加 3年後 5.8%増加 5年後 5.3%増加 という推定結果となった。
泌尿器
記事一覧へ
婦人科
記事一覧へ
| MSD

MSD、HPVワクチン訴訟に関するステートメントを発表

子宮がん
プレスリリース
33Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

国がんが子宮頸がん検診GLを改訂、HPV検査を推奨

子宮がん
ガイドライン プレスリリース
479Views 4Picks
藤澤知 産科婦人科学会
以上の内容からは、 ・未だに綿棒で採取する施設がある点 ・「古典的ガラス板塗抹法(従来法)」と「Liquid Based cytology(LBC)+単層の細胞診標本(thin-layer cytology slide)法」の精度の違いも全く触れらていない点。 ・HPV High Risk群のジェノタイプを検査したとして、陰性で有った場合や陽性で有った場合にシルガード®9をどのタイミングで接種すべきかが全く示されていない点。 ・男性に対する投与が男性のHPV感染防止に因る自身の咽頭癌防止のみならず、女性に対するHPV伝搬の防止に因り女性の子宮頸癌発症がより低下する事実が全く示されていない点。 ・女子中学生に対する定期接種にはシルガード®9は含まれず相変わらずガーダシル(4)のみとなっている点。 などが明記されておらず、如何考えても日本人女性の子宮頸癌はいつになっても無くなら無い様な気が致しました。
| 協和キリン

ベバシズマブのバイオシミラー、欧州で承認勧告

乳腺 大腸がん 腎細胞がん 子宮がん 卵巣がん 非小細胞肺がん
プレスリリース 承認情報 承認申請
92Views 0Picks
コメントをお寄せください
×

CLOSE

×

アカウントメニュー

コンテンツカテゴリ