解説・連載


【解説】未治療肺がんへの免疫療法併用の意義

〔編集部から〕本日(2018年6月1日)から5日まで、米国・シカゴでがん領域における世界最大の国際学会である米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)が開催される。今回、肺がん領域での注目トピックスの1つが、既にわが国では既 […]


【解説】抗PD-1抗体+化学療法の意義

〔編集部から〕免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、非扁平上皮の非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、化学療法との併用の有効性を検証した第Ⅲ相二重盲検ラン […]


全領域

経口ヌクレオシド系抗がん薬TAS-102(トリフルリジン・チピラシル塩酸塩,商品名ロンサーフ配合錠)、胃がんに対する国内適応追加申請のお知らせ【大鵬薬品工業】

 大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之)は、抗悪性腫瘍剤「ロンサーフⓇ配合錠T15・T20」 (一般名:トリフルリジン・チピラシル塩酸塩、開発コード:TAS-102、以下「本剤」)について […]


PPI+アスピリンでバレット食道の転帰改善

大規模第Ⅲ相ランダム化比較試験  高用量のプロトンポンプ阻害薬(PPI)のエソメプラゾールとアスピリンの併用投与は、食道腺がんの危険因子であるバレット食道の患者において、全死亡、食道腺がん、高度異形成が発生するまでの期間 […]







がん遺伝子検査が収載目前、課題は?

がん関連3学会合同ゲノム医療推進タスクフォースの活動報告  わが国でのがんゲノム医療の実装に向けて、今年(2018年)4月、がん関連遺伝子パネル検査システムを用いた検査が先進医療として承認された。同検査は、来年度には保険 […]





遺伝性乳がんに国内初の治療薬オラパリブ

 PARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)が国内初の遺伝性乳がんの治療薬として、7月2日に承認(適応追加)を取得した。愛知県がんセンター中央病院乳腺科部長の岩田広治氏は、7月30日に東京都で開催されたアストラゼネカ主 […]


閉経後出血例の子宮内膜がんリスクは9%

観察研究129件4万例をメタ解析  閉経後の不正出血は子宮内膜がんの一般的症状だが、良性疾患でもしばしば見られる。米国立がん研究所のMegan A. Clarke氏らは、観察研究129件4万例をメタ解析した結果、子宮内膜 […]














がん治療の仕事への影響、「説明している」は4割

がん患者の就労支援における薬剤師の関わり、現状と課題が明らかに がん患者の就労支援における薬剤師の関わりを調査した結果、治療内容や副作用が患者の仕事に与える影響を説明しているのは約4割であることが分かった。一方で、患者の […]