asco2018

承認情報

クリゾチニブ(ザーコリ®)、 米食品医薬品局(FDA)により2つの新たな適応症がブレークスルー・セラピー指定 ~METエクソン14変異を有する前治療歴のある転移性非小細胞肺がん、再発または難治性のALK陽性全身性未分化大細胞型リンパ腫~【ファイザー】

ファイザー社は本日、米国食品医薬品局(FDA)がザーコリ®(一般名:クリゾチニブ)の二つの新たな適応症に対し、ブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)に指定したことを発表しました。一つは、白金製剤を含む化学療法以降に病勢 […]

記事を読む





解説・連載


【解説】抗PD-1抗体+化学療法の意義

Medical Tribune 国立がん研究センター中央病院先端医療科 北野 滋久 〔編集部から〕免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、非扁平上皮の非小細胞肺がん( […]


全領域




CD19陽性急性リンパ性白血病の自家細胞由来治療薬開発に関するがんへの攻撃性を高めた CAR-T細胞の低コスト製造技術の特許ライセンス契約を締結【J-TEC・名古屋大学】

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング・名古屋大学・信州大学 リリース  富士フイルムグループの株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(代表取締役:畠 賢一郎、以下「J-TEC」)と国立大学法人名古屋大学(学長: […]



抗PD-L1抗体+抗VEGF薬+化学療法でOS延長

非扁平上皮非小細胞肺がんの一次治療:IMpower150  非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ+抗血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬ベバシズマブ+化学療法の併用療法に […]




転移性腎がんへの腎摘除術の意義示されず

 転移性腎がんに対して、腎摘除術後にマルチキナーゼ阻害薬スニチニブを投与する群と腎摘除術を行わずにスニチニブ単独で治療を行う群の有効性を比較したオープンラベルの国際多施設共同第Ⅲ相ランダム化比較試験CARMENAの結果か […]



日本人に最適な前立腺がん治療は?【Medical Tribune】

 進行性、転移性前立腺がんに対する治療は目覚ましく変化しているが、ホルモン療法が主体であることに変わりはない。ホルモン療法の有効性には人種差があることが示唆されている。昭和大学江東豊洲病院泌尿器科教授の深貝隆志氏は、日本 […]




21遺伝子アッセイで早期乳がんの過剰治療を回避

中間リスク群に対するOncotype Dxの効果予測を前向きに検証:TAILORx  早期乳がんの転移・再発予防を目的として行われる術後化学療法は、乳がん患者の予後改善に寄与してきた。その一方で、化学療法が不要な症例に対 […]










がんは糖尿病の独立したリスク因子

韓国・52万人超の研究 Oncology Tribune  糖尿病はがん発症のリスク因子であるが、がんが糖尿病発症のリスク因子となるかどうかはまだ結論が出ていない。韓国・National Cancer CenterのYu […]