医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

| Oncology Tribune

【第30回】ICI治療中の非小細胞肺がんにおける肝転移は予後不良因子

小細胞肺がん 免疫療法
論文解説 連載
101Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

ctDNAによりオシメルチニブ+savolitinibの効果を予測【AACR 2020】

非小細胞肺がん
学会レポート 独自取材
133Views 0Picks
コメントをお寄せください
| AUA

AUA、ASTRO、SUOが進行前立腺がんの新規ガイドラインを公開

前立腺がん
ガイドライン プレスリリース
Comment+ | 医師推奨記事
114Views 0Picks
コメントをお寄せください
| FDA

アベルマブ、尿路上皮がん維持療法で米承認

尿路上皮がん 免疫療法
プレスリリース 承認情報 薬剤情報
72Views 0Picks
コメントをお寄せください
| FDA

ペルツズマブとトラスツズマブの固定用量配合皮下注製剤が米で承認

乳腺
プレスリリース 承認情報
86Views 0Picks
コメントをお寄せください
| Oncology Tribune

診断時のESR1変異がパルボシクリブ+アロマターゼ阻害薬の効果に影響【ASCO 2020】

乳腺
学会レポート 独自取材
85Views 1Picks
尾崎由記範 臨床腫瘍学会
ベースラインでESR1mutationがある症例は、予後不良でありますが、CDK4/6阻害薬によってESR1mutationがclearされる症例もあり、CDK4/6阻害薬はある程度有効と考えられます。ESR1mutation陰性の人が陽転化したときに、AIからFULに乗り換えるのが良いのかどうか、が今後の注目です(co-primary endpoint)。
消化器
記事一覧へ
泌尿器
記事一覧へ
婦人科
記事一覧へ
×

CLOSE

×

アカウントメニュー

コンテンツカテゴリ