「がんコミュニケーション学連携講座」を設立【国立がん研究センター】

患者のためのわかりやすい がん情報の提供に向け東京大学と国立がん研究センターの共同でがんコミュニケーション学連携講座設立

要旨

1.がんコミュニケーション学連携講座の設立について
医療についての情報が氾濫する近年、がん患者やその家族が根拠の不明確な情報に惑わされることが少なくありません。しかし、これまで、がん患者や家族に向けて、医学研究により得られたがん情報をわかりやすく、かつ誤解のないかたちで伝えるためのコミュニケーションの方法について、体系的に研究し、よりよい方策を提案するための研究部門は、日本国内には存在しませんでした。
(出典:国立がん研究センター)

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*