「がんエピゲノム」を検出する新手法【理化学研究所】

がん治療薬のエピジェネティクス制御効果が判定可能に

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センターエピジェネティクス制御研究ユニットの梅原崇史ユニットリーダー、生命医科学研究センターエピゲノム技術開発ユニットの蓑田亜希子ユニットリーダー、ゲノム制御ネットワーク研究チームのボグミル・カチコフスキー研究員、ライフサイエンス技術基盤研究センター機能性ゲノム解析部門エピゲノム技術開発ユニット(研究当時)のルーシー・ハンドコ研究員らの共同研究グループは、細胞のがん化に関わるエピゲノムの目印を検出する技術を開発し、ヒトの肺がん細胞株における「エピゲノム地図」を解明、公開しました。

 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*