欧州における小児/青年のがん発生率は引き続き増加【Lancet Oncology】

Lancet Oncology 2018年8月8日オンライン版

 1991年から2010年までの20年間に欧州の小児および青年のがんの発生率が引き続き増加していることが示された。

Changing geographical patterns and trends in cancer incidence in children and adolescents in Europe, 1991–2010 (Automated Childhood Cancer Information System): a population-based study

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*