休止期の細胞が増殖能力を維持するための遺伝子を発見 -新たながん治療に向けて-【沖縄科学技術大学院大学】

 細胞は決まった周期で分裂と増殖を繰り返していますが、その周期から外れて休止している状態をG0(ジーゼロ)期といいます。筋肉、心臓、神経など、ヒト体細胞の90%以上はこれにあたります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)G0細胞ユニット(代表:柳田充弘教授)の佐二木健一研究員らは、細胞が休止している期間においても再び増殖できる能力を維持するために必要な遺伝子群を発見し、その仕組みの一部を解明しました。この遺伝子群は3800以上の遺伝子の中のわずか85個に絞られ、その中には休止期の細胞内で活性化されるリサイクルシステム(「オートファジー」(注1)を含むシステム)から核を保護する機能が含まれていることがわかりました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*