連携拠点病院のがん3年生存率を初公表

膵がんは15%、前立腺がんは99%

 国立がん研究センターは9月12日、全国のがん診療連携拠点病院などから収集した院内がん情報を用いて、2011年の1年間に診断されたがん患者の3年生存率と、2008~09年に診断されたがん患者の5年生存率について報告書をまとめ、同センター・がん情報サービス公式サイトで公開した。わが国で院内がん情報を用いた3年生存率が公開されたのは初めて。部位別の3年相対生存率では、膵がんが最も低く15.1%で、最も高かったのは前立腺がんの99.9%だった。

がん診療連携拠点病院268施設・約31万例のデータを集計

 「5年生存率」は部位別生存率の比較などに用いられることが多い指標の1つで、従来は多くのがんで”治癒の目安”としても用いられてきた。院内がん情報に基づく生存率については、これまで2007~08年の診断例における5年生存率の集計結果が公表されていたが、3年生存率が公表されたのは初となる。いわゆる難治性のがんについては、診断・治療法の開発が課題となることから、より早い段階での生存率をタイムリーに観察していくことの必要性も高まっているという。

 今回の報告では、胃、大腸、乳房、肝臓、肺の主要5部位に、食道、膵臓、前立腺、子宮頸部、子宮体部、膀胱の6部位を加えた11部位のがんについて、2011年の全がん診断例における生存状況把握割合が90%以上であったがん診療連携拠点病院268施設のデータを用い、部位・病期などに分けて生存率を集計した結果がまとめられている。3年生存率については、30万6,381件のデータを用いて集計された。また今回3度目の報告となる5年生存率については、251施設における2008~09年の2年分のデータが用いられた。

全がんの3年相対生存率は71.3%

 検討の結果、全がんの3年生存率については、実測生存率(実際に診療した患者の生存割合で、死因に関係なく全死亡を含めた生存率)が66.3%、相対生存率(がん以外の死因による死亡などの影響を除外して算出)は71.3%だった。

 部位別に相対生存率を見ると、最も高いのは前立腺がんで99.9%、次いで乳がんの95.2%()。最も低かったのは膵がんで15.1%と極めて低く、次いで肺がんの49.4%だった。

図.部位別・病期別3年生存率

21740_fig1.png

(プレスリリースを基に編集部作成)

 5年生存率については、施設別のデータが施設名とともに公表された。5年相対生存率は全がんが65.8%、膵がんは10.0%だった。

 なお同センターでは、今回の生存率の集計の解釈について、「既存の地域がん登録や全国がんセンター協議会の集計結果に比べて、より広範な集計データといえるが、拠点病院に限定したデータであることに留意する必要がある」と指摘している。

関連記事:がん診療連携拠点病院等院内がん登録 2011年3年生存率、2008~09年5年生存率を公表【国立がん研究センター】

(髙田あや)

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*