がんの血管構造を三次元で高精細に可視化―血管を「見ながら」効果のある治療を選ぶ未来の実現へ―【国立研究開発法人日本医療研究開発機構】

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫。以下「量研」という。)QST未来ラボの青木伊知男グループリーダー、新田展大技術員らと、徳島大学大学院医歯薬学研究部放射線医学分野の原田雅史教授は共同で、生体内のがん内部の血管構造を立体的かつ高精細に可視化し、治療による血管構造の変化を安全に長期間追跡することに成功しました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*