非増殖型アデノウイルスベクターVB-111の再発悪性神経膠芽腫を対象とした第Ⅲ相臨床試験について、解析結果を今年後半には報告予定【ナノキャリア】

「VBL社は、VB-111を他のがん種、異なった患者集団や異なるレジメンで開発を行う場合において、rGBMにおけるVB-111とベバシズマブ(アバスチン)との併用を検討した第Ⅲ相臨床試験の結果の影響を必ずしも受けるとは考えていません。VBL社は引き続き、試験結果の解析を行っており、今年後半にはそれらを報告する予定です。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*