IMpassion130試験において、アテゾリズマブ(テセントリク®)とパクリタキセル(アブラキサン®)の併用は化学療法に比べ、転移性トリプルネガティブ乳がん患者の病勢進行および死亡リスクの有意な低下を示す【中外製薬】

・ITT(Intent to treat)解析集団およびPD-L1の発現が認められるトリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者さんの両集団において、一次治療での統計学的に有意な無増悪生存期間(PFS)の延長を示した初めてのがん免疫治療の第III相臨床試験
・今回の中間解析時点では、PD-L1の発現が認められる患者さんにおいて、併用群で全生存期間(OS)改善の兆候が認められた
・本成績は米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)などの規制当局に提出される予定

ロシュ社は本日、テセントリク®(アテゾリズマブ)の第III相臨床試験であるIMpassion130試験において、本試験の二つの主要評価項目の一つである無増悪生存期間(PFS)の延長が認められたことを発表しました。本試験において、一次治療におけるテセントリクとアブラキサン®[パクリタキセル(アルブミン懸濁型)]の併用は、化学療法[パクリタキセル(アルブミン懸濁型)]単独と比較し、ITT解析集団およびPD-L1の発現が認められる転移性または切除不能な局所進行TNBC患者さんの両集団において、病勢進行または死亡のリスクを低下させました。もう一つの主要評価項目である全生存期間(OS)については、PD-L1の発現が認められる患者さんにおいて改善の兆候が認められ、次回の計画されている解析まで試験は継続します。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*