BRCA遺伝子変異陽性の進行乳がんに対するPARP阻害薬talazoparib、PFSを有意に延長【NEJM】

Talazoparib in Patients with Advanced Breast Cancer and a Germline BRCA Mutation

N Engl J Med 2018年8月15日オンライン版

BRCA遺伝子変異陽性の進行乳がんを対象に、talazoparib単剤治療の安全性・有効性を担当医が選択した標準単剤療法(カペシタビン、エリブリン、ゲムシタビン、ビノレルビン)との比較により検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験。主要評価項目である無増悪生存期間において、talazoparib単剤治療群は標準療法群に対して有意に延長(詳報は後日掲載予定です)。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*