乳がんの既往歴がある40~49歳の女性におけるマンモグラフィの検診受診率の傾向【JAMA Surg】

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は2009年にマンモグラフィ検診の推奨開始年齢を50歳に引き上げることを発表。これを受け、米国では乳がんの既往歴がある40~49歳の女性においても、マンモグラフィの検診受診率が低下傾向にあった。

Trends in Mammography Use Among Women Aged 40 to 49 Years With a History of Breast Cancer.

JAMA Surg 2018年8月22日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*