抗HER2抗体ペルツズマブ(パージェタ®)、「HER2陽性の乳がんにおける術前・術後薬物療法」に対する適応拡大承認を取得【中外製薬】

 中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、「HER2陽性の手術不能又は再発乳癌」を効能・効果として販売を行っている抗HER2ヒト化モノクローナル抗体ペルツズマブ(遺伝子組換え)-販売名「パージェタ®点滴静注420 mg/14 mL」(以下、パージェタ)について本日、厚生労働省より「HER2陽性の乳がんにおける術前・術後薬物療法」に対する効能・効果追加の製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。なお、今回の追加承認により、乳がんに対する効能・効果は新たに「HER2陽性の乳癌」となりました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*