小児固形腫瘍における自家造血幹細胞移植の前治療を対象とした抗腫瘍性アルキル化剤チオテパの国内製造販売承認を申請【大日本住友製薬】

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、7月3日付けで、小児固形腫瘍における自家造血幹細胞移植の前治療を対象としたチオテパ(一般名、開発コード:DSP-1958)の国内における製造販売承認申請を行いましたので、お知らせします。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*