ROS1/TRK阻害薬entrectinibの導入契約をロシュと締結【中外製薬】

中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、F. ホフマン・ラ・ロシュ社(本社:スイスバーゼル市、CEO:セヴリン・シュヴァン)と、ROS1融合遺伝子またはNTRK融合遺伝子が確認されたがんを対象として開発中のROS1/TRK阻害剤entrectinib(開発コード:RG6268)について、導入契約を締結しましたのでお知らせいたします。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*