がん悪性化に関与する糖鎖合成酵素 GnT-V の構造を解明【東京大学・岐阜大学】

 私たちの体は様々な細胞でできていますが、全ての細胞の表面は糖鎖で覆われています。糖鎖は細胞の状態を反映していることから、「細胞の顔」と呼ばれています。例えば、 がんになると細胞の糖鎖が変化するので、それががんマーカーとして使われています。また疾患に伴って糖鎖が変化すると細胞の働きが変わるので、糖鎖の変化を抑えればがんなどの治療 に有効であると考えられます。しかし糖鎖が変わっていく仕組みについては十分にわかっておらず、そのために糖鎖を標的にした新しい薬を作ることが困難になっています。それは、糖鎖 を作る酵素である糖転移酵素(注2)の「かたち」の情報が不足しているからです。東京大学 大学院薬学系研究科の長江雅倫特任研究員、岐阜大学研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研 究センターの木塚康彦准教授らは、がんを悪性化する糖転移酵素、GnT-Vに着目し、X線結晶構造解析と呼ばれる手法を用いて、世界で初めて本酵素の立体構造を明らかにしまし た。これにより、GnT−Vによって糖鎖が変化していく仕組みの詳細が明らかになりました。 今後、がんの悪性化に伴う糖鎖の変化を抑える新しい治療薬の開発につながると期待されます。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*