がん遺伝子パネル検査「Todai OncoPanel」の臨床性能試験を先進医療で開始【東京大学】

 東京大学は10月4日、同大学が独自に開発したがん遺伝子パネル検査である「Todai OncoPanel」の臨床性能試験を、連携医療機関とともに先進医療Bで実施することを発表した。Todai OncoPanelでは、遺伝子の変異および増幅を検出するDNAパネルと融合遺伝子などを検出するRNAパネルが、それぞれ450以上の遺伝子を対象として構成されている。遺伝子変異、増幅、融合遺伝子などを網羅的に調べることにより、幅広いがん種において適切な治療選択肢を提供する可能性を高め、将来的な薬事承認、保険適用を目指すという。

 がん研究の進歩により、がんの病態に関わる多くの遺伝子異常が発見されていますが、たとえその異常を標的とする治療が存在したとしても、1回の検査で1遺伝子を調べるこれまでの検査では、解析対象がん種も限られていることもあり、高い精度でその治療が有効であるという情報を提供することが困難でした。このような課題を克服するために、1回の検査で数多くの遺伝子を網羅的に解析することを可能とするがん遺伝子パネル検査が近年相次いで開発されていますが、中でもTodaiOncoPanelは、DNAのみならずRNAも解析すること、各々450以上の遺伝子を解析する点において、解析対象の範囲が極めて広いことが大きな特徴です。そこで、東京大学医学部附属病院(以下、東大病院)は、標準治療がない、標準治療が終了している、もしくは終了が見込まれる患者を対象として、このパネルが治療の選択においてどの程度有用であるかを検証することを目的として、先進医療B「遺伝子パネル検査(TodaiOncoPanel)」を、本研究連携医療機関とともに実施します。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*