大腸がんの腫瘍内多様性の獲得原理を説明する新たな進化モデルを構築【九州大学】

~腫瘍内多様性を伴う難治がんを克服する次世代のがん治療法開発に期待~

 


がんは一つの正常細胞が遺伝子変異を蓄積し、進化することにより生じるが、この進化の際に、異なる遺伝子変異を蓄積することにより腫瘍内多様性が獲得される。本研究では、大腸がん発がん過程においては、複数のドライバー変異が自然選択されることによる「ダーウィン進化」から、進行がんになると無数の中立変異の獲得による「中立進化」へ腫瘍内多様性の獲得原理が「進化シフト」を起こすことにより難治化することを発見。


 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*