内視鏡検査で大腸ポリープ・がんを自動検知する人工知能を開発【昭和大学・名古屋大学】

昭和大学・名古屋大学の医工産官連携研究

 昭和大学横浜市北部病院消化器センター(工藤進英センター長)は、名古屋大学大学院情報学研究科(森健策教授)と共同で、人工知能(AI)による大腸内視鏡検査支援システムを開発しました。この AI は、ポリープ・癌をリアルタイムで検知し、医師による病変の発見をアシストするシステムです。この AI によって、微小癌や前癌病変を見落とすリスクを低減し、 大腸癌による死亡を抑制することが期待されます。この研究成果は、昭和大学三澤将史講師 らにより、米国消化器学会誌である「Gastroenterology 誌」の 2018 年 6 月号に掲載されました。


 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*