患者由来大腸がん幹細胞培養を用いた薬剤感受性試験を開発【京都大学】

 武藤誠 名誉教授(医学研究科特命教授)、坂井義治 医学研究科教授、三好弘之 産官学連携本部特定研究員(特任准教授)、前川久継 医学研究科研究生らの研究グループは、手術で摘出した大腸がんからがん幹細胞を効率よく分離し、立体的に培養する方法(スフェロイド培養)を開発しました。さらに、大腸がんスフェロイドを実験用マウスに移植してがんを形成させ、このマウスで投薬試験を行うことによって、抗がん剤の効果を精度よく予測する「PDSX(Patient-derived “spheroid” xenograft)」法を開発しました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*