国の指定難病「自己免疫性膵炎」の病因を解明【京都大学】

新たな診断や副作用の少ない新規治療の開発へ

 千葉勉 名誉教授(関西電力病院院長)、児玉裕三 医学研究科講師(研究当時、現:神戸大学教授)、塩川雅広 同医員(研究当時、現:神戸大学特別研究員)らの研究グループは、指定難病である自己免疫性膵炎の患者がもつ自己抗体が、自身の膵臓に存在するラミニン511というタンパク質を誤って攻撃していることを発見しました。副作用の少ない新たな治療法の開発につながる成果です。
 本研究成果は、2018年8月9日に米国の国際学術誌「Science Translational Medicine」にオンライン掲載されました。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*