膵内分泌腫瘍の予後決定因子として膵β 細胞関連遺伝子群を同定 【東京医科歯科大学】

― 新規診断・治療方法の開発へ期待 ―

・膵癌の一種である膵内分泌腫瘍(NET)が発見されて約 100 年が経ち、近年患者数が増加していますが、悪性度の診断は困難でした。

・ 膵内分泌腫瘍において最も重要な予後不良因子である肝転移を予測する遺伝子群を同定しました。

・今後、新規診断・治療方法開発の進展に寄与することが期待されます。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*