人工知能で早期胃がん領域の高精度検出に成功【国立がん研究センター】

早期発見・領域検出で早期治療に大きく貢献


 
理化学研究所(理研)光量子工学研究センター画像情報処理研究チームの横田秀夫チームリーダー、竹本智子研究員、国立がん研究センター東病院消化管内視鏡科の矢野友規科長、池松弘朗医長、堀圭介医員らの共同研究チームは、少数の正解データにより構築された人工知能(AI)による、早期胃がんの高精度な自動検出法を確立しました。
本研究成果は、検診における胃がんの見逃しを減らすことで、早期発見、早期治療につながると期待できます。


 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*