HER2陽性転移性胃/胃食道接合部がんへのトラスツズマブ+化学療法に対するペルツズマブの上乗せは全生存期間を延長せず:多施設共同プラセボ対照二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験JACOBの最終解析【Lancet Oncology】

 HER2陽性転移性胃がんおよび胃食道接合部がん患者の一次治療において、トラスツズマブ+化学療法に対するペルツズマブの上乗せはプラセボと比べて全生存期間を延長しなかった。

 

 Pertuzumab plus trastuzumab and chemotherapy for HER2-positive metastatic gastric or gastro-oesophageal junction cancer (JACOB): final analysis of a double-blind, randomised, placebo-controlled phase 3 study

 

Lancet Oncology 2018年9月11日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*