米国予防医学専門委員会(USPSTF)が、子宮頸がんのスクリーニング検査に関する勧告をアップデート【JAMA】

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は昨年(2017年)9月に、女性の子宮頸がんスクリーニング検査に関する新たな勧告の草案を公表したが、このたび正式な勧告が公表された。勧告内容は、昨年に公表された改訂案をほぼ踏襲しているが、30~65歳での推奨がアップデートされ、5年ごとの細胞診+ハイリスクHPV検査がグレードAで推奨されている。

Screening for Cervical Cancer

US Preventive Services Task Force Recommendation Statement

JAMA 2018; 320: 674-686

The number of deaths from cervical cancer in the United States has decreased substantially since the implementation of widespread cervical cancer screening and has declined from 2.8 to 2.3 deaths per 100 000 women from 2000 to 2015.

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*