オラパリブ(リムパーザ®、卵巣がん1次療法後の維持療法の第Ⅲ相SOLO-1試験において病勢進行を有意に遅延【アストラゼネカ】

アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)およびメルク・アンド・カンパニー(本社:米国ニュージャージー州ケニルワース、以下「メルク(北米以外ではMSD)」)は、2018年6月27日、リムパーザ錠 (一般名:オラパリブ)の無作為化二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相SOLO-1試験の良好な結果を発表しました。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*