がん細胞のエネルギーを枯渇させる抗がん剤の発見 ~ミトコンドリア呼吸を標的にした新規がん治療法の可能性~【順天堂大学】

順天堂大学大学院医学研究科臨床病態検査医学の田部陽子 特任教授らの研究グループは、米国MD Anderson がんセンターのJoseph R. Marszalek 博士、Marina Konopleva 教授らとの共同研究において、細胞内のミトコンドリア呼吸鎖複合体Ⅰ*1に対する阻害剤が、再発性/難治性白血病に対する新しいがん治療薬になりうることを発見しました。この阻害剤は、細胞のエネルギーを枯渇させることで、脳腫瘍細胞および白血病細胞の増殖を強く抑制し、がん細胞の細胞死を誘導しました。また脳腫瘍モデルマウスにおいても強力な抗がん作用を確認しました。現在、実用化に向けて再発性/難治性白血病において新規抗がん剤としての臨床研究を進めています。
本研究は、英国科学雑誌「Nature Medicine」のオンライン版(2018年6月11日)で発表されました。

出典:順天堂大学プレスリリース

(リンク先外部サイト)

  

  

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*