高齢AML患者の通常治療へのlomustine上乗せ効果を検討:LAM-SA 2007 FILO試験【JCO】

 対象は、60歳以上で予後不良と関連する遺伝学的異常のない急性骨髄性白血病(AML)患者459例。検討の結果、通常治療(イダルビシン+シタラビン)群に比べてニトロソウレア系抗がん薬lomustineの上乗せ(同+lomustine)群で2年生存率およびEFSは有意に改善。グレード3および4の血液学的有害事象はlomustine上乗せ群で有意に多かったが、2次治療例は少なかった。

 

 Improved Survival by Adding Lomustine to Conventional Chemotherapy for Elderly Patients With AML Without Unfavorable Cytogenetics: Results of the LAM-SA 2007 FILO Trial

 

J Clin Oncol 2018年9月27日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*