SMO阻害薬glasdegib、未治療の急性骨髄性白血病の治療薬としてFDAより優先審査指定【ファイザー】

化学療法+Glasdegib併用群が、化学療法単独群と比較して約2倍のOS延長を示した第Ⅱ相ランダム化比較試験のデータに基づく

ファイザー社は本日、米国食品医薬品局(FDA)が、glasdegibの新薬承認申請を受理し、優先審査に指定したことを発表しました。glasdegibは開発中の経口Smoothened(SMO)阻害剤で、このたびの新薬承認申請は、未治療の急性骨髄性白血病(AML)の成人患者さんを対象に化学療法の一つである低用量シタラビン(LDAC)と併用して評価したデータに基づきます。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*