初期前駆T細胞性急性リンパ性白血病の病態の再現にマウスを使って成功【熊本大学・千葉大学】

熊本大学国際先端医学研究機構・指田吾郎特別招聘教授と千葉大学大学院医学研究院/東京大学医科学研究所・岩間厚志教授の研究グループは、小児に多いがんの一つであり、従来の抗がん剤に抵抗性を示す初期前駆T細胞性急性リンパ性白血病の病態を遺伝子改変マウスにおいて再現することに成功しました。その解析から発症メカニズムにつながるがん抑制遺伝子発現異常を発見、がん細胞の増殖を抑える薬剤の治療薬としての有効性を確認し、論文を米国学術誌The Journal of Clinical Investigationに2018年8月6日(オンライン版)発表しました(Wang C, et al. Ezh2 loss propagates hypermethylation at T-cell differentiation-regulating genes to promote leukemic transformation)。

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*