濾胞性リンパ腫に対する初回免疫化学療法後の治療反応性評価:ランダム化第Ⅲ相試験GALLIUMの副次評価解析【Lancet Oncology】

 濾胞性リンパ腫患者の初回免疫化学療法後の治療反応性評価において、FDG-PET/CTは造影CTよりも優れていることが示唆された。Lugano分類におけるComplete Metabolic Response(CMR)例の2.5年無増悪生存率は87.4% (95% CI 83.7〜90.2)であったのに対し、非CMR例では54.9% (95%CI 40.5〜67.3)であった(ハザード比 0.2、 95%CI 0.1〜0.3、 P<0.0001)。

 

Prognostic value of end-of-induction PET response after first-line immunochemotherapy for follicular lymphoma (GALLIUM): secondary analysis of a randomised, phase 3 trial

 

Lancet Oncology 2018年10月8日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*