化学療法後の進行性ホジキンリンパ腫患者における卵巣機能:ランダム化第Ⅲ相試験RATHLの2次解析【Lancet Oncology】

 閉経前の進行性ホジキンリンパ腫患者において、ABVD療法もしくはAVD療法後にPET-CTを実施し、lugano分類に基づいてABVD療法またはAVD療法を継続する群とBEACOPP療法に切り替えた群で卵巣機能を評価。ABVD-AVD療法群の抗ミュラー管ホルモン濃度は治療から1年後に回復したが〔中央値10.5 pmol/L(四分位範囲 4.3〜17.3)〕、BEACOPP治療群では回復しなかった〔中央値0.11pmol/L(四分位範囲 0.07〜0.20)〕。また、ABVD-AVD療法群の35歳未満の患者の回復率は127%であったのに対し、35歳以上では37%であった(P<0.0001)。

 

 Determinants of ovarian function after response-adapted therapy in patients with advanced Hodgkin’s lymphoma (RATHL): a secondary analysis of a randomised phase 3 trial

 

Lancet Oncology 2018年9月13日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*