DAAで短期の肝細胞がんリスク増大認められず【Medical Tribune】

Hepatology 2018; 67: 2244-2253

 直接作用型抗ウイルス薬(DAA)によるC型肝炎ウイルス(HCV)感染治療後に短期的な肝細胞がん(HCC)リスクの増大は観察されなかったと、米国のグループがHepatology(2018; 67: 2244-2253)に発表した。

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*