ポリマー化技術により肝臓がん幹細胞の標的化を実現【東京工業大学】

大阪大学大学院医学系研究科の俊山礼志 大学院生(卒業生)、今野雅允 寄附講座講師(先進癌薬物療法開発学寄附講座)、石井秀始特任教授(常勤(疾患データサイエンス学共同研究講座)、江口英利 准教授、森正樹教授(消化器外科学Ⅰ)、土岐祐一郎教授(消化器外科学II)らの研究グループは、東京工業大学の西山伸宏教授らとの協働した研究により、PEG-ポリアミノ酸ブロックコポリマーとウベニメクスを用いたドラッグ・デリバリー・システム(DDS)を構築しました。このDDSを用いることによって、がん幹細胞におけるウベニメクスの濃度を局所的に高めることができるようになりました。さらに、標準的な抗がん剤と併用させることで、がん幹細胞を著しく減少させることに成功しました。

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*