切除不能な肝細胞癌患者を対象にしたピボタル第III相臨床試験における新たな探索的解析で、一次治療におけるネクサバール®錠(ソラフェニブ)から二次治療におけるスチバーガ®錠(レゴラフェニブ)へのシーケンシャル療法の生存傾向が評価【バイエル薬品】

バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:ハイケ・プリンツ)は、ピボタル第 III 相臨床試験である RESORCE(REgorafenib after SORafenib in patients withhepatoCEllular carcinoma)試験における新たな探索的後ろ向き解析において、ネクサバール®錠(一般名:ソラフェニブトシル酸塩、以下ソラフェニブ)投与中に病勢進行が認められ、その後スチバーガ®錠(一般名:レゴラフェニブ水和物、以下レゴラフェニブ)を投与した肝細胞癌(HCC)患者の全生存期間(OS)等の解析結果が発表されたことをお知らせします。この探索的な解析から、ソラフェニブによる前治療中に認められた病勢進行の期間や最終投与量にかかわらず、レゴラフェニブは臨床上のベネフィットをもたらしたことが示唆されました。これらの結果は医学誌 ジャーナル・オブ・ヘパトロジー(Journal of Hepatology)に
掲載されました。

(リンク先PDFファイル)

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*