クリゾチニブ(ザーコリ®)、 米食品医薬品局(FDA)により2つの新たな適応症がブレークスルー・セラピー指定 ~METエクソン14変異を有する前治療歴のある転移性非小細胞肺がん、再発または難治性のALK陽性全身性未分化大細胞型リンパ腫~【ファイザー】

ファイザー社は本日、米国食品医薬品局(FDA)がザーコリ®(一般名:クリゾチニブ)の二つの新たな適応症に対し、ブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)に指定したことを発表しました。一つは、白金製剤を含む化学療法以降に病勢進行が認められた、METエクソン14変異を有する転移性非小細胞肺がん治療薬として、もう一つは、再発または難治性の未分化リンパ腫キナーゼ陽性全身性未分化大細胞型リンパ腫治療薬としての指定です。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*