抗FGF2アプタマーRBM-007の肺がん抑制作用に関する慶應義塾大学医学部との共同研究論文の掲載【リボミック】

当社のRBM-007(抗FGF2アプタマー)を用いた肺がん治療薬の開発を目的として、平成28年から慶應義塾大学医学部(担当:呼吸器内科・別役智子教授)と共同研究を進めてまいりましたが、その成果が専門学術誌(BBRC)の電子版に掲載されましたのでお知らせします。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*