小細胞肺がんが分泌する2種類のマイクロRNAのパターン診断(検出)をDNAコンピューターで実現【東京農工大】

 


国立大学法人東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門の川野竜司テニュアトラック特任准教授と同大学大学院生 平谷萌恵は、DNAを用いて情報処理を行う「DNAコンピューティング技術」と一分子のDNAを検出できる「ナノポア(注1)」を用いて、小細胞肺癌の早期診断マーカーである2種類のマイクロRNAの有無を検出することに成功しました。本技術は健康診断などで体液から直接検査する簡易診断への応用が期待されます。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*