進行・再発の非小細胞肺がん患者さんは、初回治療開始時に「高い効果と忍容性」を「長く維持する」「安定した」治療を望む【アストラゼネカ】

~進行・再発非小細胞肺がん患者を対象とした薬剤治療に関する意識調査~

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)と株式会社クロエ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:安藤 昌、以下、クロエ)は、進行・再発非小細胞肺がん患者さんを対象とした薬剤治療に関する意識調査を実施しました。進行・再発非小細胞肺がんは、昨今の治療選択肢の増加にともない複雑化しており、治療の実施にあたっては、多角的な検討が必要となります。特に、薬剤治療を初めて経験する患者さんについては、治療に対する期待や不安も様々であると想定されることから、患者さんの心情を理解したうえで、ベストな治療を選択する必要性が高まっています。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*