進行非小細胞肺がんへの三次治療以降におけるマルチキナーゼ阻害薬anlotinib投与の有用性:第Ⅲランダム化比較相試験The ALTER 0303の全生存期間【JAMA Oncol】

Effect of Anlotinib as a Third-Line or Further Treatment on Overall Survival of Patients With Advanced Non–Small Cell Lung Cancer
The ALTER 0303 Phase 3 Randomized Clinical Trial

JAMA Oncol 2018年8月9日オンライン版

 中国における進行非小細胞肺がん患者439例をanlotinib群296例およびプラセボ群143例にランダム割り付けし、比較検証。全生存期間中央値はanlotinib群 (9.6カ月、95%CI 8.2~10.6カ月)でプラセボ群(中央値6.3カ月、95%CI 5.0~8.1カ月)より有意に長く (HR 0.68、95%CI 0.54~0.87、P =0.002)、無増悪生存期間中央値もanlotinib群 (5.4 カ月、95%CI 4.4~5.6カ月)でプラセボ群 (1.4カ月、95%CI 1.1~1.5)より有意に長かった(HR 0.25、95%CI 0.19~0.31、P<0.001)。anlotinibは、進行非小細胞肺がんにおける三次治療以降の治療選択肢となり得る可能性が示唆された。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*