使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について【日本肺癌学会】

 抗PD-1抗体ニボルマブ(オプジーボ)は、従来は体重換算用量だったが、残薬が出て、それらが廃棄されている問題が指摘されていた。この問題を改善するため、このたび体重換算用量から固定用量に変更となった。
 またこれに伴い薬価も調整され、薬価が20mgが5万7,225円から3万5,766円、100mgが27万8,029円から17万3,768円に改定。37.5%の薬価引き下げとなった。

 本日体重換算から固定用量に用量が変更されました事によりますオプジーボの新薬価が官報にて公示されましたので、お知らせいたします。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*