ロシュ社が世界肺癌会議(WCLC 2018)において発表予定の新データについて公表【スイス・Roche】

 スイス・ロシュ社は9月6日、9月23~26日にカナダ・トロントで開催される第19回世界肺癌学会議(WCLC 2018)において、Late Breaker 3演題と口頭発表5演題を含む計10演題が受理されたと発表した。この中には、プレナリーセッションで発表予定の進展型小細胞肺がんの初回治療における抗PD-L1抗体アテゾリズマブ+化学療法(カルボプラチン+エトポシド)の有効性を検証したIMpower133試験の結果が含まれる。IMpower133試験については、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)の結果が報告される予定であるという。

 

 Roche to present new data from its extensive lung cancer programme at the 2018 World Conference on Lung Cancer (WCLC)

 Roche (SIX: RO, ROG; OTCQX: RHHBY) today announced that new data from its broad clinical development programme across different types of lung cancer will be presented at the International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC) 2018 World Conference on Lung Cancer (WCLC), taking place from 23–26 September in Toronto, Canada. 10 abstracts have been accepted, including three ‘late breakers’ and five oral presentations.

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*