人工知能の深層学習を用いた非小細胞肺がんの組織型分類および遺伝子変異の予測【Nat Med】

 米国の大規模ながんゲノムプロジェクトであるThe Cancer Genome Atlas(TCGA)のデータを用いて、画像認識の学習済みモデルであるInception‐v3に深層学習させた。組織学像から、遺伝子STK11、 EGFR、FAT1、SETBP1、 KRAS、P53の変異を予測できることなどを見出したという。著書らは、これらの手法はがん種に関わらず適応できる、と報告している。

 

Classification and mutation prediction from non-small cell lung cancer histopathology images using deep learning.

 

Nat Med 2018年9月17日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*