早期肺がん患者の開胸手術後とビデオ胸腔鏡下手術後のオピオイド使用状況を比較【JAMA Oncology】

 米国・メディケアデータから、両手術を受けたオピオイドナイーブの早期肺がん患者3,900例のデータを抽出・解析。その結果、オピオイドの使用例数(短期、長期ともに)は、ビデオ胸腔鏡下手術群に比べて開胸切除術群で有意に多かった。

 

 Opioid Use After Open Resection or Video-Assisted Thoracoscopic Surgery for Early-Stage Lung Cancer

 

JAMA Oncol 2018年9月24日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*