プラチナ製剤を含む化学療法後の非小細胞肺がん患者におけるアベルマブとドセタキセルの比較:オープンラベル多施設共同ランダム化第Ⅲ相試験JAVELIN Lung 200【Lancet Oncology】

プラチナ製剤を含む併用化学療法後に病勢進行が認められたPD-L1陽性で切除不能の再発または進行非小細胞肺がん患者において、アベルマブはドセタキセルと比べて全生存期間の改善を示さなかったが〔ハザード比0.90、96%CI 0.72〜1.12、 P = 0.16(片側)〕、安全性プロファイルは良好であった。

Avelumab versus docetaxel in patients with platinum-treated advanced non-small-cell lung cancer (JAVELIN Lung 200): an open-label, randomised, phase 3 study

Lancet Oncology 2018年9月24日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*