進行性ALK 陽性非小細胞肺がんに対するフロントライン治療としてALUNBRIG®(一般名:brigatinib)とクリゾチニブを比較したALTA-1L試験における有効データについて【武田薬品工業】

 当社は、このたび、ALK阻害剤未治療の局所進行性または転移性未分化リンパ腫キナーゼ遺伝子転座陽性(ALK陽性)の非小細胞肺がん患者を対象としたグローバル無作為化臨床第3相試験ALTA-1L(ALK in Lung Cancer Trial of AP26113 in 1st Line)において、ALUNBRIG群でクリゾチニブ群と比較して独立評価委員会(BIRC)が盲検下で評価した無増悪生存期間が改善され、病状進行または死亡リスクが50%以上低下したことをお知らせ致します。ALTA-1L試験の初回の中間解析結果は2018年9月25日にトロントで開催される国際肺癌学会(IASLC)主催の第19回世界肺癌学会議(WCLC)のプレジデンシャル・シンポジウムで発表される予定です。また、本データは同時にNew England Journal of Medicine誌の電子版にも掲載されます。現在、ALUNBRIGは進行性ALK陽性非小細胞肺がんに対するフロントライン治療として承認されていません。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*