EGFR遺伝子変異陽性NSCLC患者の生存期間延長に治療シークエンスが及ぼす影響について、 肺がん治療に携わる医師は更なる情報を必要としていることが国際調査により判明(WCLC 2018)【ドイツ・Boehringer Ingelheim】

 2018年9月26日 ドイツ/インゲルハイム
 310名の肺がん治療に携わる医師を対象とした国際調査の結果により、調査対象となった医師の3分の1以上が、EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)の治療シークエンスの方法を検討するために十分なデータを得ているとは考えていないことが明らかになりました。この調査結果は、カナダのトロントで開催された2018年世界肺癌学会議(WCLC)にて発表されました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*