肺がんに対する抗PD-1抗体治療中止後の治療効果持続メカニズムの一端が明らかに【大阪大学】

 大阪大学大学院医学系研究科の長、彰翁大学院生、小山正平助教(呼吸器・免疫内科学)、独立行政法人国立病院機構刀根山病院、上浪健医師(呼吸器腫瘍内科)、大阪市立大学大学院医学研究科、藤本康介助教(ゲノム免疫学)らの研究グループは、Tリンパ球に抗PD-1抗体(ニボルマブ)が結合している状態をモニターする方法を開発し、患者さんが治療をやめてからも、ニボルマブが20週間以上Tリンパ球に結合していることを見出しました。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*