悪性胸膜中皮腫のウイルス療法を開始【東京大学】


~抗がんウイルス G47Δを用いた初の胸腔内投与~

 東京大学医科学研究所附属病院では、脳腫瘍外科 教授 藤堂具紀を総括責任者として、 悪性胸膜中皮腫に対するウイルス療法の臨床試験を開始します。ウイルス療法とは、がん細胞だけで増殖するように人工的に改変したウイルスを使う新しいがん治療法で、本試験では、藤堂教授らが開発した第三世代のがん治療用単純ヘルペスウイルス1型の G47Δを用います。G47Δは、悪性脳腫瘍を対象にして製品化に向けた医師主導治験が実施されており、前立腺癌や嗅神経芽細胞腫の臨床試験にも使われています。悪性胸膜中皮腫は、主としてアスベスト(石綿)が原因となり、胸 腔に生じる悪性腫瘍です。G47Δはこれまで主に腫瘍内に直接投与する方法で使われてきましたが、今回は初めて、悪性胸膜中皮腫患者の胸腔内に投与します。繰り返し胸腔内に投与することの安全性と同時に、治療効果を調べることが目的です。医科学研究所では、今後も、なるべく早く且つなるべく多くのがん患者がウイルス療法を選択できるようになるよう、臨床開発を推進します。

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*