国立がん研究センターと日本ベクトン・ディッキンソン(BD)が、免疫チェックポイント阻害薬投与の効果予測実現に向けた共同研究契約を締結【国がん・日本BD】

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、所在地:東京都中央区、以下「国立がん研究センター」)と日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 (本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長 阿知波達雄、以下「日本BD」)は本日、がん治療を大きく転換する可能性を秘めた治療法として世界の注目を集めるがん免疫療法のひとつ「免疫チェックポイント阻害剤」における効果予測の実現を目指し、新たなプラットフォーム構築に向けた共同研究契約の締結を発表いたしました。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*