生体内で細胞の増殖を制御する仕組みの一端を解明 -細胞増殖シグナルの可視化に成功し、腫瘍形成における変化を解明-【京都大学】

概要

 生体内では、細胞は好き勝手に増殖するわけではなく、必要な時に必要な数だけ増えることが重要です。多くの場合、細胞の増殖は「増殖因子」という物質が細胞表面の受容体に結合し、それを合図として細胞内でERKというタンパク質が活性化することで開始されます。この機構の異常な活性化は発がんと関係しており、この機構を標的とした抗がん剤が開発されています。これまで、このERKの活性を生体内でリアルタイムに観察することは技術的に困難でした。
出典:京都大学プレスリリース
(リンク先外部サイト)

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*